SEO リスティング広告

Googleはリスティング広告を出したからと言ってSEOに直接影響はないと名言しているそうだ。

 

だからと言ってまったく無関係かというとそうではなさそうだ。

キーワード検索の結果 リスティング広告が表示される。

クリック率は低くてもそのキーワードでクリックされれば、当然のことながらユーザーの興味対象となっていることは評価される。

 

したがってリスティング広告を出すことでSEOの効果がないとは言いきれない。

SEOとリスティング広告の違い

SEOのメリットとデメリット

メリット

検索ワードに対する結果としてクリックされる確立はSEOの方が圧倒的に高い。

しかも、クリックされても費用はかからない。


デメリット

SEOは爆発的にアクセスが集中したりしない限り時間がかかるのが普通だ。

※ブログが評価された場合、突然信じられないようなアクセスが上がる可能性がある。

リスティング広告のメリットとデメリット

メリット

よほど関連性の薄いキーワードでない限り自由に検索結果に表示させることが出来る。

利用者の興味があるであろうキーワードを選ぶことで絞り込みが行える。

ある程度地域などを限定して広告を出すことも可能なので効率の良い広告が出せる。

 

デメリット

クリックに対する費用がかかること。


※そのためにはリスティング広告の最適化が必要になる。

 効率が良く、競争相手とアクセス数の多いキーワードを選ぶと費用が高くなる。

 アクセス数は少なく、競合が少ないキーワードを沢山に使うことで費用を

 押さえることが出来る。同じ費用でクリック数を稼ぐ。

株式会社 PIK

〒108-0075 港区港南3-4-12

TEL.03-6433-0422