旧レイアウトのテンプレートサイズ

ヘッダー、コンテンツ、サイドバーの画像サイズ参考資料

テンプレートを使用する基準となる画像サイズ(横幅)の参考資料です。

Jimdo Freeで扱っているテンプレートサイズをチェックしておきました。

このサイズを越えた画像をアップすると、

画像が縮小されて表示されるためぼやけたり荒く表示されることがあります。
掲載する画像を作成される時の参考にしていただければ幸いです。

Jimdo Freeで利用できるテンプレート

レイアウトで指定されている表記についての説明

フォント編集、ヘッダの高さを変更などにチェックマークが入っている。

このチェックマークが多いほど、バリエーションを広げることが出来る。

このバリエーションの広さがJimdoの特長の一つになっている。

上手に組み合わせれば、誰にも似ていない雰囲気のホームページを作ることが出来る。

フォント編集

ヘッダーの高さを変更

背景を変更

オリジナル背景画像

単一画像の表示

例えば春夏秋冬の背景画像をあらかじめ用意しておいて、
季節によって切り替えるなどをすることが出来ます。
表示の繰り返し方向、背景画像の表示位置、固定、
オーバーレイ(Jimdo側で用意しているパターンの重ね表示)の有無などの選択が出来る。

 

ランダム表示

複数の背景画像をアクセスする度にランダムに切り替えることが出来る。

表示の繰り返し方向、背景画像の表示位置、固定、
オーバーレイ(Jimdo側で用意しているパターンの重ね表示)の有無などの選択が出来る。

 

スライド表示

複数の画像を、時間の経過によって切り替えながら表示させることが可能。
切り替え方は、標準(そのまま切り替わる)、フェード(消えながらもう一枚が現れる)、左から右へ、右から左へ、上から下へ、下から上へから選べる。
オーバーレイ機能も。

 

ビデオ

動画を背景に当てることが可能になった。

これは活気的な表示方法。

 

 

背景画像

 

あらかじめ用意された数百種類の背景画像を使用することが出来る。

背景画像を変えるだけで、和風にも洋風にもクラッシックにもポップにも

変えることが出来る。

背景パターン

 

細かい色調整が可能で、幾何学系のパターンを中心に、無地、ドット系、ライン系、クラッシックなど65種類のパターンを白黒で切り替えることが可能(ほぼ無限に近い組み合わせが作れる)

このパターンを使用しても雰囲気がガラッと変えることが出来る。

個人的な趣味の問題になるが、パステル系は白と組み合わせる、ダーク系は黒と組み合わせるとキレイにまとめられる。

レイアウト調整

良く質問を受けるが、レイアウト調整を選択すると、レイアウトメニューに設定というボタンが追加される。

 

罫線のサイズや色、画像の位置、余白の設定などを指定することが出来る。

 

画像の位置

全体のレイアウトを右寄せ、左寄せ、中央あわせの3種類から選択可能。

 

罫線のサイズと色

全体のレイアウトの外側に罫線を挿入することで、絞まりを出したい場合に使う

背景色と近い色を使うことで自然な境界線を作ることが可能になる。

サイトの雰囲気によってはきわどい色を使っても面白い。

 

余白の設定

画像の位置で中央あわせを選択している場合以外で、余白の設定をすることで

表示位置を指定できる。

表示されている絵からは左右に余白が入るように思いがちだが

優先されるのは、左方向の余白。(500とか入れると良くわかる。)

上方向の余白のあるなしでサイトの雰囲気は随分変わる。

色の調整

色彩テンプレート

あらかじめ用意された色を選択することでサイトイメージに近いものを選ぶことが出来る。

ここで用意されたパレットはシンプルで美しい。

背景に薄いグレーを選択してからこのパレットを選択するだけでもバリエーションを楽しむことが出来る。

カスタマイズ色

 

サイトカラーがあらかじめ決まっている場合はもちろん、色彩テンプレートで
選択したカラーを微妙に変更したい時に使うなどの用途に使える。

 

株式会社 PIK

〒108-0075 港区港南3-4-12

TEL.03-6433-0422