Google SEO モバイルファーストインデックス

2018年3月27日火曜日

Googleのウェブマスター向け公式ブログで『モバイル ファースト インデックスを開始します。』

というアナウンスがありました。


【この内容を要約すると】

今後、Googleは、モバイル用(もしくはレスポンシブWEBデザインの場合)に作成された方を主に(※)インデックスとランキングに使用するということです。


これまでのインデックスは、主にデスクトップ版のコンテンツを使用していました。
現在、大くのユーザーがモバイルデバイス経由でGoogleにアクセスしているため、インデックスやランキングの評価は主にモバイル版のコンテンツを使用することにしました。

※インデックス(Googleの検索対象としてGoogleに登録されることを意味します)

Googleのウェブマスター向け公式ブログ ⇒ https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/

何が変わるのか?

ここでは、インデックス(データ収集し検索結果に表示されるページコンテンツ)の方法が変わると書いています。
つまり、『今まではパソコン版を中心に検索結果に掲載してきたものを、モバイル版のページを中心にしていきます』ということになります。

切り替える際には、パソコン版とモバイル版の両方をインデックスはしない(つまりGoogleがモバイル版を検索結果にした場合には、検索結果からパソコン版は)ということになります。

このアナウンスでは、モバイル版を中心にする際にランキングには直接影響はないということですが、実際には、モバイルフレンドリーの評価は、これからも続くので、『レスポンスWEBデザイン』+『高速な読込するためにコンテンツの最適化』をするとSEOでは、よりよい結果が得られるということになります。


■Google側のコメント

いつものように、ランキングには多くの要素を使用します。 他の多くの信号が最も関連性の高いコンテンツであると判断した場合は、モバイルフレンドリーでないコンテンツや、読み込みが遅いコンテンツをユーザーに表示することがあります。

※ここにある信号とは、おそらく検索キーワードや、クッキー情報などを含めた、検索対象者が、探していると思われるサインのことだと考えられます。

 

以下の文章からSEOを読み解く
『モバイルフレンドリーでなくても、読み込みが遅くても、欲しがっている情報だとGoogleが判断した時には、そのコンテンツを上位に表示させることがある』と書いています。

裏を返せば、モバイルフレンドリーで、より高速なコンテンツが、検索者が欲しがっている情報と判断したら、さらに上位に検索されることになると言えるでしょう。

 

Jimdoはモバイルフレンドリーの一つの要素は満たしているので、あとは自分次第

※Jimdoで作成したサイトは、モバイルフレンドリーの1つの要件であるレスポンシブWEBデザインには対応しています。

※ただし、コンテンツに画像を詰め込みすぎたり、だらだらと長文を書いてしまっている場合には、モバイルフレンドリーであるとは判断されない可能性があります。画像は、あまり多様しない。長文になる場合には、コンテンツを分割する。上手にカテゴリに分類する。読みやすい文章を心がける。などの工夫も必要になってくるでしょう。

 

良い結果を生むために

あなたのサイトは、検索するキーワードで欲しがっている情報を提供しているでしょうか?

ほとんどの人は、売り込みは大嫌いです。
自分の会社の宣伝ばかりを広報していても、Googleは、そのサイトを評価してはくれません。
SEOを考えるのではあれば、あなたの作ったコンテンツを一度見直してみるとよいかもしれませんね。

もちろんJimdoの有料版を使った方が、より良い結果につながると考えています。

株式会社 PIK

〒108-0075 港区港南3-4-12

TEL.03-6433-0422