良く使われる定番の見出しデザイン

見出し中、見出し小、などに利用すると良いかもしれませんね。

見出し大に共通した縦方向のバーをつけます

ありがちな見出し1

CSSを書きます。

以下のコードを下のタグの貼り付け方に沿って貼り付けます。

※すでに<style></style>が存在していた場合は、赤い文字の部分だけをその中に入れます。
保存したあと、ページの再読み込みをしてください。(キーボードのF5ボタンを押す)

<style type="text/css">

#content_area h1{

box-shadow: 0 2px 0 #FFF,0 4px 6px rgba(0,0,0,0.3); background: linear-gradient(#fff 2px,#f7f7f7 20%,#e5e5e5,98%,#fff 100%);
border-bottom: 5px groove #C00;
padding: 20px 1em;
border-top: 3px double #ccc;
font-size: 24px; color: #333;
text-shadow: none;
box-sizing: border-box;

}

</style>

▼ タグの貼り付け方はここ マウスを当てると画像が開きます。

※見出し中に設定したい時は、h1をh2に、見出し小に設定したい時は、h1をh3にそれぞれ変更して保存すれば実現できます。バーのカラーは、ホームページで利用しているカンパニーカラーにすると配色ミスは避けられます。

青色のバリエーション

border-bottom: 5px groove #00C;

緑色のバリエーションと線種変更(凸型の線)

border-bottom: 5px ridge #0C0;
text-shadow:1px 1px 0 #FFF; ← 追加

下線はホームページのコンセプトカラーを使用されると絞まりが出て良いと思います。

色のことで悩んだら原色大辞典をオススメします。

原色大辞典 → http://www.colordic.org/

線種の参考資料

以下の線種の指定方法 ⇒ border:10px #b0c4de 線種指定;

solid
実線

double
二重の線

groove
谷型の線

ridge
山型の線

inset
凹型の線

outset
凸型の線

dotted
点線

dashed
破線

この記事がいいなと思ったらメールマガジンに登録していただけると嬉しいです。
メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

株式会社 PIK

〒108-0075 港区港南3-4-12

TEL.03-6433-0422